行政書士よ稼げ

また 面白い・・・

というか 悲しい「行政書士ネタ」で失礼します。
HP一部引用あり※リライトされております。


サイトうたい文句 及び 店名?
           ↓↓↓

消費者被害問題専門行政書士 ◆☆▼■行政書士事務所
解約しましょう!今スグクーリングオフ! クーリングオフ代行専門事務所!


ネットワークビジネスって何??
マルチ商法は、ネットワークビジネスやMLM(マルチレベルマーケティング)
など、様々な名称で呼ばれることがあります。

マルチ商法の契約を行った場合、一定用件の元、クーリングオフして下さい。
またそれに伴い、商品を購入した場合も、同様に解約したほうが安心です。

それでは、マルチ商法とはいったい何なのでしょうか。

「マルチ商法」という名称とよく比較される名称として、
「ねずみ講」がございます。
「ピラミッド商法」も多少似ております。

これらは、それぞれ会員が自分の下部に複数の会員を入会させることで
その中から多額の収入が得られると言った勧誘システムです。

つまり、新しい会員が会員の登録代金や、商品購入代、サービス代など、
なんらかのお金を支払う時、そのお金が紹介者をはじめとして、
いわゆる「上位の人たち」に分配される、それが基本的な仕組みとなります。
これをマルチ商法内では、権利収入やクチコミ宣伝料などといいます。


なお、ねずみ講は参加するだけでも違法行為となりますので注意が必要です。

クーリングオフ期限と中途解約制度
訪問販売などのクーリングオフ期限は、「8日間」なのですが、
マルチ商法では、期限が「20日間」と、長くなっております。
通常の契約に比べて、洗脳的な影響が説けるために時間がかかるため、
やや長めに設定されたそうです。

20日間は、契約書類を受領した日、又は商品が届いた日から計算します。

またクーリングオフ期間が過ぎた後でも中途解約制度が設けられています。
これにより、1年以内であれば契約解除(登録解除)ができ、
そのうち3ヶ月以内であれば商品の返品も可能となります。
もっとも、商品を返品する際は、一部違約金がかかる場合があります。

クーリングオフが一番良いマルチ商法への対応です。

マルチ商法と収入について
マルチ商法では、「みんなの成功」「簡単に理想が引き寄せられる」など、
誰でも手軽に収入が得られるという勧誘が行われることが一般的です。

ですが実際は、マルチ商法でコンスタントに収入が得られるのは、
1000人に1人だといわれています。

その中で勧誘時の話ほどの高額所得が得られるのは、さらに少数となります。
選ばれた人間で、マルチ商法以外でも成功できる自身のある方は
マルチ商法で収入を得ることは可能でしょうが、
そうでない方は、やるだけ損をするとも思えます。

当然、勧誘の際にはそのような説明はまずありませんし、
そういった説明をされた場合、やってみようと思う人もいません。

なぜ社会問題になっているのか、そこを良く考えてみるべきです。
マルチ商法を勧誘する際、どこの会社でも、みんなが同じように、
「うちのビジネス(商品)はす最高♪」との説明を行っております。

ほんの少しでも、迷いや疑いのある方、自信の無い方は、
当◆☆▼■行政書士事務所でのクーリングオフをお勧めいたします。

今なら相談料金 1時間3000円が なんと500円です!

 クーリングオフにお手軽 ワンコイン相談をご利用下さい!



以上が引用文です。
[PR]

by takei56 | 2012-02-19 21:47 | 行政書士