ニュースキンというMLMビジネスで借金

「ニュースキン」というMLMビジネスで借金をする。

これは、「ニュースキン」の「ディストリビューター」なら常識とされています。

MLM企業の活動指針よりも、紹介者「アップライン」の人間性によって「買い込み」は
常習的に勧められてしまいます。

上位ランクのボーナスを発生させる為に「買い込み金額」も変わっていきます。

より多いランクボーナスを得る為には、より多い「買い込み」が必須となります。

しかし、中には「買い込み」せずに店舗販売で23万円以上の売上を維持している人も
いると聞きます。(23万円は「EXディストリビューター」を維持する為のノルマ)

販売実績が多ければ「買い込み」は必要ないのでしょうが、実績が作れなければ
「買い込み」しないとなりません。
その際、預貯金が無ければ、借金を勧める仕組みです。

よほどの「営業力」「事業資金」が無ければ、個人で売上を維持することは困難です。
一般の、普通の「自営業者」なら、収入が上下することは当たり前のことです。
サラリーマンではないのでしから。


私の事務所にも 多数の相談者がいらっしゃいますが、被害届けを出せるケースは
ほとんどありません。
明らかな「悪徳マルチ」であれば別ですが。
昨今、悪質な「悪徳マルチ」自体が全国的に減少しています。法治国家でこの様なビジネスが
継続運営できないことは明白なのです。

いくら良質なMLM企業だと言っても、勧誘者「アップライン」が悪ければ「被害」自体
は増えていきます。
訴えても「MLM企業」は、その当事者「アップライン」の数名を除名してお終いでしょう。

「ビジネスの素人が、素人にビジネスを教えている。」

誘われた人は、アップラインは選べませんから、最大の注意が必要です。
[PR]

by takei56 | 2011-08-11 20:29 | MLM 失敗者の事例