将来をイメージする

「自分の将来をイメージする」


自分の将来をイメージするとは、自分の将来の理想像を描くということです。


まずは3年後の自分を、イメージしてみましょう。

どんな自分になっていたいのか、

どんなものを持っていたいのか、

どこに住んでいたいのかなど、

具体的に将来の自分像を、イメージ出来れば出来るほど、実現の可能性が高くなります。

例えば「高級車に乗っていたい」という抽象的なイメージではなく、「3年後、ベンツのE63AMGに乗っている」というような、具体的なイメージを持ちましょう。


具体的で、とっても強いイメージを持つことが重要です。


3年後の、こうありたいという未来像を描いたら、まずは現在の自分とどこが違うのか、そのギャップを認識します。


そして、ギャップを埋めるためには、何をすればいいのかという、アクションプランを立てていくのです。


まずは、3年後のイメージ(理想の姿)とのギャップを埋めるには、どうすればいいのかを考え、計画を立て、行動に移していきます。


例えば、3年後までに、英語力をアップさせたいのであれば、TOEICのスコアが現在500点なら、3年後に700点に上げるために、何をすればいいのかを明確にし、決めたことを継続してやり抜くのです。


通勤時間には、ipodに入れたヒアリング教材を聞く、ラジオ講座を毎日聴く、過去のTOEICに出題された、問題を研究するなど、理想とのギャップを埋めるために、毎日1時間勉強する、というアクションプランを作るのです。
[PR]

by takei56 | 2013-01-04 17:26